マガジンのカバー画像

年賀コラム

9
編集プロダクション「プレスラボ」では毎年年賀状の代わりに、お題を決めた年賀コラムをメンバーの一人ひとりがUPしています。
運営しているクリエイター

記事一覧

「人生125歳説」を唱えた大隈重信なら、2032年をどう見るか

2022年になりました。プレスラボの野村英之(@yanson0218)です。正月は「今年こそは〇〇にチャレンジするぞ」と決意して1年をスタートするけれど、1月の後半には目の前の仕事に追われ、気付けばGW、お盆、クリスマス……。1年はあっという間、10年なんてすぐに経ってしまうのでしょう。 というわけで、プレスラボ今年の年賀エッセイ、テーマは「2032年」です。エッセイでも小説でも、10年後の未来を想定して何かを書けばいいとのこと。 *** 博報堂生活総研の未来年表による

スキ
14

2032年|アバターとともに生きる

あけましておめでとうございます。プレスラボ編集者の南野義哉(@yossy04071)です。昨年は大変お世話になりました。ビジネスからエンターテインメントど真ん中のコンテンツまで、さまざまな媒体の編集に取り組ませていただきました。2022年もどうぞよろしくお願いいたします。 プレスラボでは2016年からWebで年賀コンテンツを年賀状の代わりに出している。 毎年さまざまなテーマをもとに年賀コンテンツをメンバーが書いているのだが(2021年は旅立ち)、今年は「2032年」。10

スキ
11

「起きたら2032年の世界だった」

 2022年、プレスラボの仕事初めは1月11日。年末年始休暇は12月25日からと実に17日間にも及ぶ。1ヶ月の半分以上休み! なんというホワイト企業感。ふふっ、長すぎだよ。でも、いつもコツコツがんばってくれているメンバーに、たっぷり休息をとってもらい、新たな年も元気に取り組んでもらいたいから、これでいいのだ。  私はプレスラボの二代目社長、池田(@sonokoikeda)。2022年に36歳を迎える年女。元旦の今は大阪で暮らすパートナーの家でゴロゴロしている。「元日に当直な

スキ
10

私にオムレツを作ってくれたあの人は、旅立ってしまった

あけましておめでとうございます。編集プロダクション「プレスラボ」の鈴木一禾(@ichikasuzuki)です。弊社では毎年年賀状の代わりに、お題を決めた年賀コラムをメンバーの一人ひとりがUPしています。2021年はnoteで「旅立ち」をテーマにお届けします。 *** 昨年は「忙しそうですね」とよく周囲から声をかけられたような気がする。「寝てますか?」「いつ休んでいるんですか?」と言われることも多かったように思う。 考えてみれば、平日も休日も関係なく一日中仕事ばかりしてい

スキ
8

あのとき、旅立つことを選ばなかったあなたへ。

あけましておめでとうございます。編集プロダクション「プレスラボ」の池田園子(@sonoko0511)です。弊社では毎年年賀状の代わりに、お題を決めた年賀コラムをメンバーの一人ひとりがUPしています。2021年はnoteで「旅立ち」をテーマにお届けします。 *** 2020年、業界では著名な某氏が亡くなった。SNSやメディアを通して、その方のことをうっすら知っていた。訃報がSNSで飛び交う数日前、親しい人から「◯◯が亡くなった、って」とLINEが届いた。まだお若いのに、あん

スキ
11

8年前の夏休みからの「旅立ち」

あけましておめでとうございます。編集プロダクション「プレスラボ」の野村英之(@yanson0218)です。弊社では毎年年賀状の代わりに、お題を決めた年賀コラムをメンバーの一人ひとりがUPしています。2021年はnoteで「旅立ち」をテーマにお届けします。 *** プレスラボに転職してあっという間に9ヵ月が経った。今年の年賀状コラムのテーマは「旅立ち」。2020年は誰にとっても特別な一年だったと思うが、僕はコロナ禍で転職し、編集者見習いとしてのスタートを切った年だったので、

スキ
9

ゲーム仲間とのコミュニケーションは、日常からの旅立ちだ

あけましておめでとうございます。編集プロダクション「プレスラボ」のひーこ(檜垣 / @hi_ko1208)です。弊社では毎年年賀状の代わりに、お題を決めた年賀コラムをメンバーの一人ひとりがUPしています。2021年はnoteで「旅立ち」をテーマにお届けします。 *** 今年の年賀状コラムのテーマが「旅立ち」に決まったとき、正直困った。家にいるのが好きな自分は、あまり旅行に行かない。どこかの組織に長く留まったこともないため、旅立ちだ、お別れだ、ということを実感したのは、せい

スキ
8

僕と、旅立ちと、プレスラボと。

あけましておめでとうございます。編集プロダクション「プレスラボ」の南野義哉(@yossy04071)です。弊社では毎年年賀状の代わりに、お題を決めた年賀コラムをメンバーの一人ひとりがUPしています。2021年はnoteで「旅立ち」をテーマにお届けします。 *** 2010年8月1日に僕は上京した。 「ただ漠然と東京へ行きたい」 「東京で生活する理由がほしい」 2009年3月に大学を卒業してから、こんなことを考えながら、音楽(リハーサル)スタジオに入り、仲間と音を出し、

スキ
9

「下北沢はママの全てだよ」 しがみついていた下北沢から旅立った話

あけましておめでとうございます。編集プロダクション「プレスラボ」の山本莉会(@yamamoto_rie)です。弊社では毎年年賀状の代わりに、お題を決めた年賀コラムをメンバーの一人ひとりがUPしています。2021年はnoteで「旅立ち」をテーマにお届けします。 *** 10年前、私はプレスラボに入社するために上京した。 前職は大阪で広告代理店の営業をしていた。プレスラボへの転職が決まったとき、「ライターになるために下北沢へ上京するんです」と言うと、東京を知る人たちは「何そ

スキ
22