新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「ARUHIマガジン」テレワークあるある記事 #仕事実績紹介

こんにちは。編集プロダクション「プレスラボ」代表の池田園子(@sonoko0511)です。このnoteではプレスラボが制作に関わった記事を不定期で取り上げます。

今回ご紹介するのは、アルヒマーケティングさまが運営する「ARUHIマガジン」の記事です。

「ARUHIマガジン」は、家探しに役立つインタビュー記事、FPによる住宅ローンコラム、住まいのニュースや暮らしの小ネタなど、さまざまな“住生活”に役立つ記事を配信するメディアです。

弊社では、ARUHIマガジンの記事制作を一部担当しています。今回は6/13に公開された記事をご紹介します。

制作チームのメンバーはこちら。

ライター:UMAさん
編集:南野義哉
編集リーダー:鈴木一禾

コロナウイルス感染拡大防止の一環で、テレワークが広く推奨されています。初めての在宅勤務に慣れなくて、最初は苦戦した……なんて方も少なくないのでは。

そんな時期に作られたのが本記事です。「テレワークあるある」は、テレワークを実践した方が「あるある」「わかる」と思わず頷く内容に。

私は「上は着替えたけれど、下はヨレヨレの部屋着のまま」を読んで、「まさにそう!」と手を叩いたくらいです(笑)。

さて、この記事の制作はどのように進めていったのか? 制作過程で楽しかったこと、勉強になったことは?

企画・編集を担当した、プレスラボ編集者の南野義哉(@yossy04071)に話を聞きました。

「読者が行動に移すような記事を」そんな思いで制作

「テレワークあるある」企画は非常にタイムリーな話題で、やりがいを感じました。個人的にも3月頭頃からテレワークを開始していた、というのも関係していると思います。

編集の流れは、以下3つのステップで進めます。

1.企画案(構成案)作成
2.ライターさんに記事執筆依頼
3.初稿編集、画像選定(Adobe Stock)

構成案は、テレワークの1日の流れに極力沿うように意識しました。
読者さんに、まだ慣れないテレワークの1日をイメージしていただきながら、読んでいただく流れを検討。
テレワークを始めたての「数ヶ月前の自分」を主な読者として想定しています。

「テレワーク初心者の自分」に向けて、「テレワークあるある」のリストアップを行い、ライターさんと一緒に記事の方向性を考えて制作しました。

特に印象に残っている項目は、

1.体重が増える

です。記事の中では

・適度な運動をする
・食事バランスを見直す

という2つの解決策を提示しています。

画像1

1つの項目につき、最低1つの解決策を入れ込む——「テレワークあるある」を制作するときに心がけていたことです。

自分自身もテレワーク期間に体重が増えてしまいました。そんな中、運動と食事バランスを見直すことで、体重が減り始めたという実体験も、構成を考える上で役立ちましたね。

編集しながら感じたことは、「この記事が読まれることで、読者さんが共感してくれたり、何かアクションを起こしてくれたりしたら嬉しいなあ」ということです。


最後に、新米の僕にとって、先輩メンバー・イチカさん(@ichikasuzuki)のフォローなしでは、編集は最後まで進まなかったです。進行に困ったり、判断に悩んだりすることがあれば、優しく手ほどきしていただけるので本当に感謝しています。

また、同期入社のやんそん(@yanson0218)の存在も大きいです。彼とはお互いの業務を通して、メッセンジャーやビデオ通話を通して、時間があるときに壁打ちをしてアイデアブレストをしています。

気兼ねなく話せる存在がいることは貴重だなあと実感しています。彼の体験や新しい切り口を知ることができ、とても楽しく有意義な時間でした。

(Text/南野)

ARUHIマガジンの事例に限らず、プレスラボでは編集者同士がチームを組んで、各案件を進めています。

編集者がひとりで担当するよりも、チームで向き合う方が企画が多く生まれたり、思いもよらない意見が出てきたり、安定感のある進行ができたりと、いいことづくめなのです。

次回も編集担当者の裏話を含め、弊社が制作に関わった記事をご紹介します!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると喜びます!いただいたサポートはnoteを書くメンバーたちのインプットのための費用として使わせていただきますʕ•ᴥ•ʔ

記事を最後まで読んでくださりありがとうございます!
2
“お客様のパートナーとして、編集の力で課題解決をサポートし、事業の成長の一助となる”をミッションに、コンテンツ制作のお手伝いをしています。下北沢の編集プロダクション「プレスラボ」の公式noteです。 https://www.facebook.com/presslabo

こちらでもピックアップされています

仕事実績
仕事実績
  • 9本

プレスラボが制作に関わったコンテンツを、編集者の裏話と共に紹介します。コンテンツが生まれるまでのドラマやそこで得た学びをお伝えします。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。