見出し画像

プレスラボメンバー紹介企画#1 鈴木一禾

プレスラボには会社サイトを通じて、日々さまざまなお仕事のお問い合わせをいただいています。既存のお客様たち、新規のお客様たちから頼りにされること、パートナーとして求められることは、とてもありがたいことです。お客様のおかげでプレスラボは存在できています。ありがとうございます。

そんななか、これまでサイトになかった、メンバーひとりひとりの詳しいプロフィールページを作ることにしました。理由はメンバーの個性や得意なことを外部に知ってもらうことで、各メンバーを指名していただくようなお仕事も入ってくると、ますます素敵な状態になるなと考えたからです。

サイトにプロフィールページを追加するのは、3月下旬を予定していますが、noteで先んじてメンバーひとりひとりの詳細プロフィールを公開することにしました。

サイトからプレスラボを知って、お仕事を依頼いただくケースが多かったのですが、noteという別の経路からも弊社や弊社メンバーを知って、お仕事につながればいいなという思いがあります。

本日公開するメンバーは1月にジョインしました、鈴木一禾(すずき いちか)です。大学・大学院で音楽教育に長く関わり、会計事務所に勤めた後、ちょっとしたきっかけがあってライターに転身。

今では編集者として、いろいろな案件に関わっています。丁寧ながらスピード感があり、安定感のある仕事ぶりが、お客様から評価いただけているメンバーです。

★鈴木さん057_DSC7172


鈴木一禾
編集者
Twitter(@ichikasuzuki

——好きなことは?
体をリラックスさせること全般。ストレッチしたり柔らかい素材の服を着たり、髪を梳かしたりするのが好きです。ピアノを弾くことも好き。自分が出した音が耳から入ってくるとすごく落ち着いた気持ちになれるので、月に1回くらいのペースで練習用スタジオを借りてひたすら無心でピアノを弾いています。

格闘技やスポーツ観戦にはほぼ興味がないのに、なぜか相撲にだけは惹かれます。隔月の相撲中継が何よりの楽しみで、その15日間は機嫌がいいです。

——プレスラボに入社を決めた理由は?
振り返ってみると、大きめの決断をするときはいつも、人や場所との相性を重視してきたような気がします。プレスラボに入社したのもそんな理由が大きいです。それまで編プロで働くなんて考えもしませんでしたが、はじめて下北沢のオフィスを訪れたときになんだかとてもしっくりくるものがあり、自然と「ここで働きたい」という気持ちになりました。

——プレスラボでいいなと思うところは?
自由度が高いところです。仕事に専念できる環境が整っていて、自分のペースを守りつつ働けるところが最高だなと思っています。

——得意分野は?
自分が人生でいちばん長く、深く関わってきたことはといえば、音楽教育です。

——今後やってみたい仕事は?
髪を触ることが好きなので、ヘアアレンジやヘアスタイル、ヘアケア関連のお仕事ができればいいなと思っています。とくに美容室関連のメディアの制作に興味があります。

——人生を振り返ると?
人生の転機となったのが、今から15年以上前に会計事務所で働いていた時のことです。クライアントの業績改善のためにホームページの制作を提案したところ、人材不足で記事の作成もお手伝いすることに。それがきっかけでライティングに関わるようになりました。

その後、音楽教室とご縁があったことで、取材記事を担当したり、サイトのコンテンツ作成に関わったりするなかで、お仕事の幅が大きく広がりました。

あと、目の前に現れた船にはとりあえず乗ってみるのが基本姿勢です。

仕事実績の一例


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると喜びます!いただいたサポートはnoteを書くメンバーたちのインプットのための費用として使わせていただきますʕ•ᴥ•ʔ

スキ、うれしいです!
6
“お客様のパートナーとして、編集の力で課題解決をサポートし、事業の成長の一助となる”をミッションに、コンテンツ制作のお手伝いをしています。下北沢の編集プロダクション「プレスラボ」の公式noteです。 https://www.facebook.com/presslabo

こちらでもピックアップされています

プレスラボの人々
プレスラボの人々
  • 3本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。